カリマー karrimor ランクス28 スモール ブラック 501005-9000 カリマー

湖東平野を西進する宇曽川は、古来内陸と琵琶湖を結ぶ水運が盛んだったそうです。河口近くの荒神山や曽根沼の緑地で遊んだことのある方もいらっしゃるでしょう。宇曽川の四季とともに育った子供時代のお話を伺いました。雄大な景色、暮らしのありさまが目に浮かんできます。

わたしは蚊野外に生まれ、幼少時代ここで育ちました。当時このへん一帯は雑林と竹やぶに覆われて、こんなところに集落があったのか、と不思議に思われたぐらい物静かな寒村でした。大字を縦断している宇曽川は東西に流れ南北には高野街道が通っております。この道路は古くから交通の主要な幹線であり、人々に親しまれてきました。いま宇曽川の橋上に足を止めて遥か東方を望めば、鈴鹿連山の雄姿が眺められ、季節の装いも鮮やかで、自然の美しい表情に見とれるばかりです。

さらに、この渓谷から森林地帯を縫うように宇曽川が流れています。水涸のときは河原の石が真っ白に見え、ちょうどサラシを川幅いっぱいに敷き詰めたかのようで、流れのままに滑らかなうねりを見せつつ 下っています。青い空、変化に富む森林地帯、白い河原。これが見事にコントラストされ、その景観は、わたしたちの心を清め、清々しい気分にしてくれます。

なお、この橋下あたりは地区住民の生活の広場になっていました。春は子供をつれての散策、夏はカンピョウ干し、秋はもみのやたたて(千歯扱きあるいは足踏み脱穀機で脱穀した籾には葉屑等多くのゴミが混入しているが、それを箕に入れて高いところからパラパラと落とすと、自然の風でゴミが飛び去り籾だけになる。この作業を「やたたて」という。作業としては、唐箕で行う選別と同じ)で賑わっていたところです。水涸どきには子供たちが中洲で砂遊びや土俵をかいて相撲に歓声をあげ、時間のたつのを忘れていたこともあります。

シルキーケア SILKYCARE(パステルブルー) 専用ポーチ付き

わたしの遊び友達は、同級生に男がいなかったので先輩の人と交わっていましたが、子供の世界には子供のルールがあって、これを守らんと叱られたり泣かされたものですが、自然のなかでのびのびと育った幼少時代が懐かしく、川を眺めるたびに思い出が蘇ってきます。

アーカイヴズNo. 235
番組名:あの地区この地区「宇曽川の思い出」
Wiha 穴用スナップリングプライヤーマジックチップ付 Z33401J4 6330
放送日:

カリマー ステップ10 マルチ 501103-9800

散歩の途中でお地蔵さんに出会うのはよくあることですが、なぜそこにおられるのでしょう? こちら栗田集落のお地蔵さんは、疫病退散の強い願いを込めて建立されたようです。鬼門封じや陰陽道の聖獣、また道祖神などが担う守り神の役割をもった特別なお地蔵さんの話を伺いました。

今回は、わたくしたちの字の周りに守り本尊として祀られているお地蔵さんの縁起について回想してみたいと思います。

わたくしたちの大字は、あんまり大きな部落でもありません。戸数わずか60戸あまりの、だいたい標準的な部落でありますが、その形状もだいたい四角い枡の中に収まったような形状でまとまっています。そして大字への出入り口が、6本の道路がありまして、東西南北どこからでも出入りができる大変便利になっています。しかも、これらの字の入り口には、お地蔵様が色々なお姿で祀られています。立派なお地蔵堂のあるもの、また露天に鎮座されているもの、個人がお祀りされているもの、また子供たちが子供会活動のなかで一番にとりあげ楽しみにしている地蔵盆の催しをするお地蔵さん。いろいろありますが、こうしてわたくしたちの字の入り口には、必ずお地蔵様が守り本尊として、いつの時代からか祀られています。

東の入り口には、とのえ(?)の地蔵さんといって、ひとつの石面に三体のお地蔵さんの尊像が刻まれて日の出の守りをかためていただいています。また辰巳よりの入り口には、個人の屋敷内からですが、道路に面して小さな祠のような地蔵堂にお祀りされています。南の入り口には、女の地蔵さん(小学生の女の子が祀る)とも呼ばれている大小二体のお地蔵様がお祀りをされています。もひとつ西口には、新道の地蔵さん、またの名を首切り地蔵さんとも言って、栗田の代表的なお地蔵さんで、立派な地蔵堂が建てられ数体のお地蔵さんが合祀されています。その真ん中の一番大きなお地蔵さんが、ちょうど首のところで切られておられているので一名首切り地蔵さん(「男の地蔵さん」とも言う。小学生の男の子が祀る。)とも呼ばれているのでございますが、この首切り地蔵さんの縁起につきましては時間の関係でまたの機会に譲りたいと思います。次に北の入り口には八体のお地蔵さんが一列に並んでしっかりと字の戌亥の守りをかためていただいております。もう一ヶ所、栗田から長塚への間道があって、○○の地蔵さんといって、これまた大小二体のお地蔵さんが祀られていましたが、ここは田んぼの畦に祀られていましたので、こんどの圃場整備で整備の対象になり、一時別のところの入り口で祀られておりましたが、やはり先祖が選ばれた元の場所へ帰っていただくのが一番よかろうということで色々協議の末、土地改良組合の計らいの結果、元の場所にこの地蔵さんの敷地を作っていただき、近々この場所へお帰りいただくことと思います。このようにしてわたくしたちの大字をとりまく道路のすべての入り口にお地蔵さんが祀られていることになります。このような姿は近郷近在にもあまり見受けられない姿と思います。

さて、このお地蔵さんを祀られた縁起を調べてみますと、昔は疫病といって、いま伝染病といわれます流行り病がよく流行し、いったん発生すると医術の進まない昔のことでございますので、次から次へと感染し、部落内に多数の死者が出るといって大変恐れられたものでございました。こうした疫病が、わたくしたちの部落に伝染しないよう入りこまないようにとの願いをこめて、わたくしたちの先祖は、その守りにと字の入り口入り口に建立し祀られたものだときいております。そのおかげで当字には、昔からこうした疫病が発生しなかったと言い伝えられております。もちろん今日の時代に馬鹿馬鹿しい迷信と一笑にふせられることと思います。しかし医学の道すら開けていなかった昔の人々の素朴な、そして真剣な願いから、こうした守り本尊として祀られたものと推察されます。わたくしたちの先祖の、こうした純真な気持ちを、いま微笑ましくしのばせていただいている次第でございます。

アーカイヴズNo. 235
番組名:あの地区この地区「字のお地蔵さん」
語り手:岡部正三さん(栗田)
壁掛け用斜め掛式アームラック(スノーボード・ショートボード用)/スケートボードラック スノーボードラック サーフィン

カリマー karrimor ランクス28 スモール ブラック 501005-9000 カリマー

まるでおとぎ話に出てくるようなお話。琵琶湖の水の恵みを、なによりも大切にしてきた地域ならではの竜神伝説は、滋賀県の各地に残っています。さて、愛荘町界隈に残る伝承はどんなものでしょうか。水を統べる神様を畏れ敬う人々の心が連綿とつながって、地域の祭になったいきさつを伺ってみましょう。

昔、このへんが彦根藩の領地であった時代に、島川を中心とした近在の農家から年貢米が集荷され、このから田舟で積み出し、肥田まで下がり、肥田でもう少し大きな舟に積み替えられて琵琶湖へ出て彦根藩へ送られていたそうであります。

その祐善介淵の舟寄せ場として、荻田喜蔵さんのすぐ裏に三畝ほどの浅い池がありました。これを笠やの池と名付けられていましたが、河川改修によりまして、祐善介淵も笠やの池もなくなり、現在は「かさや」とか「地蔵」とか地名だけが残っております。

ところが、河川改修が行われた直後、その近くで相次いで火災が起こり、近所の人が「なにかの祟りではないだろうか」と気味悪がって、枝村の観音さんにお伺いをたてたところ、かさやの池を中心にして昔から住んでおられた竜神さんが住処がなくなって困ってはるのだ、ということで「それでは」と早速五部(五組のこと、島川集落では隣組を「部」で呼称しました。)の方々が発起人となり在所中の篤志を募り37年3月に、笠やに石塔を立てて、それ以来、毎年一回3月の吉日に有志の家がまわりもちで、(まつりなどの当番の家)をしてお祭りをなさっているそうで、その日は午前中仕事を休み、善言賛辞という祝詞をあげ、お供え物をして、そのお下がりでお茶をいただきながら去りし一年の無事を喜び、これからの無事を祈って楽しく語り合い、地域のふれあいを深めていなさるそうです。おかげさまでそれ以来その地区では不時災難がなくなったと喜んで、お祭りを楽しみにしておられます。

このようなことは迷信だと言ってしまえばそれまでですが、何百年も前から先祖の人々が「さいかせさん」「青木の権現さん」また「地蔵さん」に家族の無事を祈り、地域の安全を祈願されて祀られた、その魂が、いまの人々の心を揺さぶり、その魂を呼び戻したものと言えるのではないでしょうか。

また現代的に解釈しましても、最近のギスギスした世相のなかで、とかく忘れがちになっている地域のふれあいを深めるという意味あいにおきましても大きな遺産を残してくださっているような気がいたします。

最後に、石塔に刻まれました歌を朗詠いたしまして、かさやの竜神さんのご紹介を終わります。

Trademark Global Dart Board Cabinet Set- Fireball Dartboard Game Includes 6

1/24 R/C 三菱ランサーエボリューションX レッド
番組名:あの地区この地区「かさやの竜神さん」
バイク用 電気式 12000RPM LED タコメーター 60mm 60ミリ ホワイト 白 60mm 回転数 追加メーター GX250などに
マカロン 雪だるま 15個 BOX クリスマス スノーマン おもしろ お菓子 ホームパーティ ギフト 贈り物 家族 友達 かわいい インスタ映え

サカエ SKVキャビネット SKV8-1071ANG SKV8-1071ANG

防爆 両面ラチェットレンチ 32mm 36mm ハマコ hamaco CBRHW-3236 無発火性 非磁性 耐蝕性 工具

5メートル先の距離にあるゲートへボールを打ち込むのは、なかなか難しく、うまくいきません。お互いに語り合い、笑い声が響き、日の暮れるのを惜しむような楽しいひとときは「ゲートボールをはじめて良かったなぁ」としみじみ感じました。そして10月10日の町民体育祭には未熟ながらも香之庄代表として2名が参加し、また区民運動会には会員こぞって一生懸命ボールをゲートへ打ち込みました。

場所が狭いため正式の練習ができないのが残念でしたが、元持の老人会長さんから「ぜひ一度来るように」とお誘いを受けまして、11月6日、元持グラウンドへ10名あまりのものが出かけまして、広々とした運動場で午後のひとときを楽しくゲームをさせていただきました。そして帰るときに「また時々出てきてや。対抗試合をしよやないか」と親しみのこもったお誘いの言葉をいただいて、ゲートボールに対する熱がいよいよ盛り上がってまいりました。

アーカイヴズNo. 198B
Northcott ホモロジー代数入門 / D.G.ノースコット
語り手:村川忠一郎(香之庄)
放送日: